2017年09月30日

Cat Street

会社がある道沿いは、けっこうぬこ様に会う確率が高い。

少し上には元重役(獣役)ののハウスがあるし。
そのもう少し上角の家は数匹飼っているし。

そのまた斜め前のアパートにも居る。

それからまた少し上の漬物やさんにも出入りしているし・・・・・・・・・・・・

もう少し行った先の卵やさんでも、高確率で出会ってしまう。

とにかく、真っすぐ行って帰るだけでも一体何匹横切るんだ????

ってくらいに、逆に言えば撥ねられる確率も高いってことなんだけれど(汗)

んで、何が言いたいかと言うと。

先日、某会議で一つ下の通りに実家があるKさんと言う方と出会った社長。

名刺交換の際「ああ!!あの猫が一杯居るところですよね????」

と猫話で盛り上がったらしい(大汗)

思わぬ所で新たな猫仲間発見????

おまけに会社の前の通りには名前が付いているらしい????

その名もズバリ・・・・・・・・・・・・・・・・

「猫通り」
posted by kyubu at 18:24| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喪失

半月ほど前に一目ぼれした白いメインクーンの仔猫に、時折会いに行っていた。
何となく疲れた時に、会社重役(獣役)達や我が家のニャンずとはまた違う癒しになったからだ(笑)
行く度に未だ売れていないとホッとする反面、早く誰か買ってくれよと願っていたのである。あるが・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日、相方も同じように見に行きハロウィンセールとかで16万になってる!!そう興奮状態で電話がかかって来た(汗)
射程圏内に入ったとも言われ、目が点になる(汗)そりゃあ、欲しがっているバイクの部品に比べたら安いモノだろうが・・・・・・・・・・・・・・・
果たして先住猫がひしめき合う我が家に来てその子は幸せなのか?と思うのだ。
ましてや、高いお金を出して命を買うのは、いささか怖くもある。
まあそんなこんなで躊躇しつつ、抱かせてもらおうか?ああでもそんなことをしたら衝動買いしそうだ、そんな葛藤を抱きつつ、昨日もついでに見に行ってみたのだ。
が・・・・・・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・・・・仔猫はいるものの値札が無い。
もしかしたらと思い、スタッフに尋ねてみると家族が決まったのだと言われたのである。
良かった。そう思いながら猛烈に寂しくなって落ち込み、物凄い喪失感に襲われたのである。
まあ、真菌の保護猫さんがウヨウヨする家よりは、ずっと素晴らしい家庭に行くのだろうからと自分を慰め・・・・・・・・・・・・・・・・・
慰めながら、別ケージに入れられ、思い切り値下がりした6ケ月の三毛マンチカンの諦めたような顔を眺めていた。
posted by kyubu at 00:04| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

喪失

半月ほど前に一目ぼれした白いメインクーンの仔猫に、時折会いに行っていた。

何となく疲れた時に、会社重役(獣役)達や我が家のニャンずとはまた違う癒しになったからだ(笑)

行く度に未だ売れていないとホッとする反面、早く誰か買ってくれよと願っていたのである。
あるが・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、相方も同じように見に行きハロウィンセールとかで16万になってる!!
そう興奮状態で電話がかかって来た(汗)

射程圏内に入ったとも言われ、目が点になる(汗)
そりゃあ、欲しがっているバイクの部品に比べたら安いモノだろうが・・・・・・・・・・・・・・・

果たして先住猫がひしめき合う我が家に来てその子は幸せなのか?と思うのだ。

ましてや、高いお金を出して命を買うのは、いささか怖くもある。

まあそんなこんなで躊躇しつつ、抱かせてもらおうか?ああでもそんなことをしたら衝動買いしそうだ、そんな葛藤を抱きつつ、昨日もついでに見に行ってみたのだ。

が・・・・・・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・・・・
仔猫はいるものの値札が無い。

もしかしたらと思い、スタッフに尋ねてみると家族が決まったのだと言われたのである。

良かった。そう思いながら猛烈に寂しくなって落ち込み、物凄い喪失感に襲われたのである。

まあ、真菌の保護猫さんがウヨウヨする家よりは、ずっと素晴らしい家庭に行くのだろうからと自分を慰め・・・・・・・・・・・・・・・・・

慰めながら、別ケージに入れられ、思い切り値下がりした6ケ月の三毛マンチカンの諦めたような顔を眺めていた。
posted by kyubu at 18:12| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

さて困った

10月7日の土曜日に隣町亀川商店街で秋祭りがある。

亀川と言えば某ヤクザの息子と揉めた苦い経験があるものの・・・・・・・・・・
この商店街の皆さんも同じような事をやらかしているらしいので、同士と言ったところだろうか???

んで、商工会議所のОさんがその界隈を担当しているのだが、何故か我々のハロウィンイベントに話が及んだらしいのだ(汗)

子供が沢山集まるだの、ガチでの仮装集団がいるだの、と噂が派手に飛んでいる(大汗)

んで毎年参加してくれるОさん、得意になって自慢?してくれたものだから・・・・・・・・・・・・・・

是非、亀川秋祭りに来てPR方々盛り上げてくれ、と言う事になってしまった(泣)

なので、茶ック・スパローを筆頭に駅市場の方々に頑張ってもらおうと思っていた。
が・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・

この期に及んで、皆さんキャンセル(汗)

取りあえずイエローカンガルーの河野さんに相談すると、Sさんを呼べばいいんじゃないか?と言う事になった。

Sさん別命シャボン玉博士、別名チェーンソー男。

いい年をしたいい大人だが、年一回我々のハロウィンで弾けるのを楽しみにしてくれている。

なので、恐る恐るメールすると快諾してくれたのである。
勿論、チェーンソー持参で(笑)

これで、委員長の次元大介、河野さんのアラジン、Sさんのチェーンソーとメンツが揃ったのだが。

「傍観者と言う訳には行かないよね?」と言いつつ、マスクを真剣にネットで探す社長に我に返る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ってことは????

さて困った。

ワタシハイッタイドウシタライイノダロウ
posted by kyubu at 17:18| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

no-title

IMG_2024.JPG
posted by kyubu at 17:48| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テラだの、ティラだの

マロ二世の兄弟猫、マロ三世。

保護期間二か月の差は大きく、二世より一回りも小さく骨も浮き出て非常に弱っちい。

おまけに食も細い(汗)

保護してかれこれ一週間、あの時思い切って保護してなければ恐らく長くは持たなかっただろう。

まあ、長い事猫を切らしたことが無く、何十匹と家族にしてきた私ではあるが・・・・・・・・・・・・
今回、真菌のおまけつきと言う初めての経験をしている。

それだけ、己の抵抗力が下がっているのだろうけれど(泣)

んで、この問題の三世。

ある日突然「テラミスにしよう!!テラミスってお菓子があるけど、あの雰囲気だもんな」と社長が言いだす。

い・・・・・や・・・・・・ティラミスだよ。

「決めた!!テラちゃん!!」と上機嫌な社長。

ティラだよと内心突っ込みまくる私(汗)

しまいには「テラちゃんなんですね???」とYまで言い出すので、イヤ・・・・・・・・・・・ティラや!!!

とまあ、テラだのティラだのややこしい。
が・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・

昨日病院で、名前を言うのが恥ずかしかったのは私だけの様で(汗)

「お菓子のティラミスですう〜」

って・・・・・・・・・・・・社長・・・・・・・・・・・・・

大のオッサン・・・・・・否・・・・・・いい大人の口から聞くとは(大汗)

これまた斬新で?新鮮な?経験の一つと言う事になりそうである(泣)
posted by kyubu at 17:47| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

やぶ医者巡り

今年は蚤刺されが酷い(泣)

最初の皮膚科の薬で治らないので、とうとう先週違う皮膚科に行ってみた。
みたが・・・・・・・・・・・・・・・・

おじいちゃん先生、一目見るなり「懐かしいなあ〜昔はこんな症状良く見たワ!!」とのたまう(汗)

戦後か???シラミ駆除で頭にDDTかけられて真っ白になってる子供か?????

と内心思い切りツッコミを入れる。

何だかなあ、エボラ出血熱か炭疽菌か?あるいは人食いバクテリアか???

とまあハリウッドドラマ見過ぎ感は否めないが、国際空港なんかで絶対検疫に合いそうな症状であるからして(汗)

大人しく出された飲み薬と塗り薬を1週間服用。
が・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・

困ったことに、更に悪化してしまったのである(大汗)

仕方がないので、1時間待ち覚悟の駅裏のS皮膚科に行く事にした。

結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・真菌!!!!

マロ二世か?三世のどちらかが保持して、蚤刺されあるいは引掻かれた傷口から感染したことが判明。

人間で言う所の水虫とか、いん〇〇タムシである(泣)

んで、前回処方してもらったステロイドを塗ることによって、悪化することも分かった(大泣)

もう・・・・・・ね・・・・・・・返して!!
皮膚科に費やした時間とお金!!!!!

心の中で叫んでしまうゾッ!やぶ医者どもめ!!

それから慌てて、マロ二世と三世を連れ獣医さんに駆け込んだのは言うまでもなく(汗)
posted by kyubu at 13:38| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

功徳と功罪

今回の台風被害が酷い県南に向けて、別府もりあげ隊の皆さんがタオルを集めている。

しかし、弊社では7月の北部九州豪雨災害を受けた日田市の方へ、タオルと言うタオルをかき集めて送ったので皆無に近い(汗)

何の協力も出来ず申し訳ないなと思いつつ日々、Facebookに上がる状況を見ていたのだが・・・・・・・・・・・・・

今度は土のう袋の寄付を呼び掛けている!!

タオルはともかく土のう袋なんて、買いでもしない限り無い(汗)

またしても無力感に苛まれつつ、今週末から気温が下がるので、弊社重役(獣役)の外猫さん用避難小屋を造る為、朝から駐車場にある物置の整理をしていた。

んで、ガサゴソと整理をしていると・・・・・・・・・・・・・・・・何とまあ土のう袋が出て来たではないか(汗)

そう言えば・・・・・・・・・・・・昔ОBのケン兄の畑から堆肥を詰めてもらったよな????

慌てて、もりあげ隊のIさんに連絡を取ると、丁度明日の店休日に現地に入ると言う。

なので、途中Dソーで雑巾を大量に買い込み一緒に届けたのである。

届けて少しほっとした。
今日は給料日なのでバタバタした中ではあったが、僅かながら社会貢献できたことを嬉しく思う。

思うが・・・・・・・・・・・

バタバタし過ぎて、車を支柱にぶつけると言うおまけつき(泣)

一つ功徳を積んだ反動なのか???

凹んだヶ所を眺めてしばし呆然とする、罪深いワタクシなのでありました(大泣)
posted by kyubu at 19:07| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

彼岸話〜青〜

引き続き色にまつわるお話。

昔店のスタッフだった、今は亡きKちゃんの父上も早くに亡くなられた。

この父上、動物には限りなく優しい人だったらしいのだが、呑むと酒乱に変わったらしく・・・・・・・・・・
幼い時から家庭内暴力に悩まされていたそうだ。

彼女の弟は事故で高次脳機能障害となり、母親は糖尿で失明。

世の中の不幸を一身に背負ったようなKちゃんは、何処かで人生を諦めていたが、弟の事だけは心底心配していたのである。

そんな弟を交えて、死んだ父親の話を聞いていた時の事。

青い色が目の前をチラチラよぎるのである(汗)

昨日のブログにも書いたように、脳裏なのか?脳下垂体なのか?etc

理由は説明できないが、とにかく視覚には見えない青い服を着た人が歩いている訳だ(汗)

あちゃあ〜観えてるよお〜、と内心頭を抱えるワタクシ。

んでまあ仕方がないので、亡くなった父上は青い色が好きだったか?聞いたのである。

すると・・・・・・・・・・・・

好きと言うより、青い作業着を家にいる時も常に着ていたのだと言う。

話によると、父上は霊感がとても強かったらしく、もしかしたら私に何かを伝えようとウロウロしていたのかもしれないのだが。

残念ながら分かるはずもなく・・・・・・否・・・・・・・分かりたくもないが・・・・・・・・・・・・(汗)

その後の悲劇的な彼女の最期を考えると、今もって考えさせられてしまう、色にまつわるちょっと哀しいお話。
posted by kyubu at 18:27| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

彼岸話 〜色〜

どうもここ数日体調が芳しくないのは彼岸のせいか?
と思いつつ、今朝も鼻水ズルズルで絶不調(泣)

じっとしていてネタが無いので、ちょっと?昔の不思議なお話。

白魔女Tの母君が亡くなった次の年の事。
母君の闘病生活やら何やら、ツラツラ聞きつつ考えていた。

いたのだが・・・・・・・・・・・・・・・

目の前をチラチラ黄色い何かが通る。
イヤ・・・・・無論・・・・・現実に通っている訳ではなく・・・・・・・・・・・・

正確に言えば私の脳裏?目の裏?脳下垂体???に黄色い服を着て歩く女性の裾が見える(観える)のである。

なので白魔女に母君は黄色が好きだったのか?と尋ねてみたのだ。

すると、彼女は物凄く驚いた顔で私に言ったのである。

黄色はむしろ似合わなくて敬遠していた色だった。
でも、長きにわたる癌治療で衰えた母に似あう色が黄色になった。
なので退院に合わせて初めて黄色の服を買い、それを着て帰宅するはずだった。

しかし、残念なことに母君はその後、容態が急変し還らぬ人となったのである。

そして主を失った黄色い服は、そのまま母君の棺の中に納められたそうだ。

そこまで聞いて、2人で顔を見合わせ、きっとまだ想いが遺っているんだろうね、とどちらからともなく呟いた。

お彼岸に、ちょっと切ない色にまつわる不思議なお話でした。
posted by kyubu at 18:03| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

秋のお彼岸

彼岸の入りと共に今年最後の墓参り。

雨であるが、今日以外全員が揃ってのお参りは難しいので強行したのだが、考えてみたら月命日。

それにしても、御年90になった父親との会話は日に日に難しくなる(汗)

昼過ぎに行くと言ったのに、夕方だろうと言い出す(大汗)
夕方行くと言ったのはお盆だと言うのに!!

逆にお盆の時は、夕方は遅いだのへったくれだので、全く墓参りに連れて行くのでさえ一苦労(泣)

しかも決してバリアフリーではない霊園故に、雨の日は余計足元に気を遣う。

考えたら秋の東北、雨の平泉中尊寺で転倒して以来、本人も歩くことに自信が無くなったのだ。

果たして、あれから4年の月日が経ってはいるが、状況は改善されぬまま・・・・・・・・・・・

当たり前と言えば当たり前だが悪化している(笑)

次は3月。春の彼岸だが、半年後に父親が来れるとしたら奇跡に近いのかもしれないと思う私なのである。
posted by kyubu at 19:15| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

気になる食卓

本日木曜日はМバリューの木曜市。

ここで一週間分の買い出しをするべく出かけるので、その量も半端ない(泣)

まあ野菜やお肉に、何よりお買い得の魚目当てにはせ参じるのである。
あるが・・・・・・・・・・・・・

この夏は不漁続きでロクな物が無かった(汗)

それでも懲りずに行き続けて、最近やっと手ごろな価格の手ごろな魚類をゲットするに至る。

んで、今日も大き目のコノシロは酢の物に、イサキも手ごろなので買いだ!!

などと吟味していると、隣のカップルのイチャイチャ話が聞こえ来る(汗)

「どお〜するう〜???」

「んんんん〜どうしよお〜???」

「ねえ〜どうするう〜???」

もう、おまえの作るものなら何でもいいよ〜。
ええ〜やだあ〜嬉しい〜黄ハートと脳内妄想が勝手に脚色する間も悩んでいる二人。

「これでいいんじゃね???」

「じゃあこれにするう〜」

「これでいいよお〜」

・・・・・・・・・・・・・・・・・ってどれにしたんだよ??????????

いちゃつくカップルの手元をついつい追ってしまいつつ。

「店員さあ〜ん。これオロシてもらえますう〜????」

その彼女の差し出す魚を見て、絶句する店員さんを横目で見るワタクシ(汗)

何故なら、そこには小さなゼンゴ(小鯵)がひしめき合っていたのである(大汗)

「それはちょっと〜出来ないですねえ」

と渋い顔の店員さんに、さもありなんと同情する。

カップルよ、魚を食べようとするその心意気は素晴らしい!!
が・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・

それだけ小さいと素上げにして南蛮漬けしかないわよお〜!!
面倒くさいけどサッと焼き目を付けて煮てもいいけどねえ〜!!
ついでに言えば、イワシとかキビナゴとか小さい青魚は身が柔らかいから、手で捌くのよお〜!!

ついついカップルの夕餉の食卓が気になって、その後ろ姿に向かって一人呟くオバサンと化したのでありました(笑)



posted by kyubu at 18:25| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

何と本日で我が父親は90歳(汗)

某占い師さんの言う84歳を軽くクリアし、某霊能者さんの言う90歳に達した(大汗)

どんだけしぶといんだろう?と思う反面、甥や私のエネルギーを吸い取っているに違いないとおののく。

90歳卒寿。
目出度いことを卒業するってことだろうか???

つまりは楽しいことも何もなく、ただ生きる屍と化すお年頃ってことかもしれない(汗)

冗談ではなく、本当に生きているのが不思議な感じだ。

お祝いの酒を持って行って、彼岸の墓参りなどの話をしていて余計にそう思う。


肉体は目の前にある。
あるが・・・・・・・・・・・・・・

魂は抜けて逝ってないか?とも思うのである。

そうやって本人が知らず知らずのうちに、死に行く準備をするのだろうか?

自然の摂理と言えばそうなのかもしれない。

いずれにしろ、父親にはさして嬉しくもない誕生日。

今更生きる喜びがある訳でもないのだから仕方がないよ・・・・・・・・・・・・ね。
posted by kyubu at 18:02| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

no-title

IMG_1975.JPG
posted by kyubu at 17:55| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兄弟???

何と昨夜マロ二世の兄弟と思しき仔猫に遭遇(汗)

それは会社から目と鼻の先。
逆玉に乗った元重役(獣役)「のの」家の隣の駐車場だった。

そこはやはり元飼い猫で捨てられ、弊社に居ついた元重役(獣役)ヨハネが陣取っている場所でもあり・・・・・・・・

そのヨハネに、着かず離れずで居る仔猫がマロ二世そっくり!!(大汗)

違うのは尻尾の長さくらいか????

んで離れた所に去年位からウロウロしている猫で、恐らく兄弟の母であろう子も居た。

と言う訳で、7月11日に保護したマロ二世の出自がこれで何となく分かったのだが・・・・・・・・・・・

問題は目の前の兄弟。

悩みに悩む、悩むが・・・・・・・・・・・・・
痩せてガリガリなのと、前足を怪我しているのと、風邪をひいているのとで・・・・・・・・・・保護(汗)

只今、マロ三世となって会社に居る。

しかしこのマロ三世、二世同様滅茶苦茶人懐こくてラブリー(笑)

これなら里親さんも現れるかも入れない?と淡い期待を抱く私なのである(泣)
posted by kyubu at 17:54| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

ちょっと署まで

先週は三か月に一回の骨密度の検診。

しかも半年に一回くらいの精密検査があったのである。
あるが・・・・・・・・・・・・

問題は毎度おなじみ血液検査(汗)

検査室に入ると、おや?今日は皆男性看護師さんである。
初めてだなと思いつつ、両腕を出してどちらでも採りやすい方でといつもの儀式。

何と言っても毎回ブログネタになるくらい、採血は色々と大変でトラブル続き。

まず私の血管を見た看護師さんの顔が曇る。

そして、最高5回針を刺され直したりとか、血が逆流して看護師さん大慌てとか、一人ではどうしようもなくて応援呼ばれたりとか、4人がかりだったとか・・・・・・・・・・(汗)

だったんですけれど・・・・・・・・・・・・ね(汗)

何と今回の男性看護師さん、一度見定めて「右腕のこの位置で採血します」と思い切りがいい。

思い切りは良いが余り採血しない場所なので、若干不安になるも致し方なく採血に挑む。

んで、見事に一発で針が入ったはいいが、痛い!!!
こんなに採血って痛かったかしらん????

それでも容赦なく血は抜き取られて行くからいいんだけれど、痛い、痛いぞっと!!

物凄く嫌な予感がしつつも、他の検査があるのであっち行き、こっち行き・・・・・・・・・・・・

夜になって絆創膏を外したら、久しぶりに赤黒く腫れ上がっているではないか。

痛いはずだよなあと思う反面、どう見てもこれは〇ャブ中患者のヤバい腕。

かなり痛々しいその痕に笑ってしまうが、今、警察に職務質問されたりなんかしたら・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ちょっと署までご同行願えますか?」

何て言われるんじゃないか?と密かにワクワクしている(笑)
posted by kyubu at 17:53| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

正しい出窓の使い方

何と今日は朝からテレビをつけたままと言う、台風らしい一日を過ごしている(汗)

中心は外れたと言うモノの、雨風共に凄まじい。

そこで今回活用されたのが、我が家のぬこ様達の観覧スペースとして、新しく設置した出窓。

屋根の関係で結構高い位置にあり、普段は脚立を使って窓の開け閉めをしている。
いるが・・・・・・・・・・・・・

ここによじ登り見渡すと結構遠くまで見通せる。

なので、飽きることなく今、風は北からだな、とか。
目の前の側溝から水が溢れているけれど、この流れはあそこから来ているのだな、とか。
あちらの方は全然問題ないな、とか。

引っ越して5ケ月目にして、やっとこさ正しい出窓の使い方をしているような気がする????

対して我が家のぬこ様達。

人間様が一日いるのが不思議でしょうがないらしい。

特に末っ子のマロ二世・・・・・・・・・・・
嬉しくて嬉しくて、一日中相方にじゃらしをくわえて持って行っては、ドヤ顔!!

各地で土砂災害の危険性が増しているが・・・・・・・・・・・

ウチの場合はドヤ災害と言ったところか????

そんな外のお天気とは裏腹の、何とも平和な部屋の中である。
posted by kyubu at 17:28| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

台風18号

ド・ストライクの明日。

トキハが臨時休業って、何十年ぶり???

ってことで、諸々が中止になり皆さん自宅待機。

普段はブラック企業だけれど、そこらへんはホワイトな我が社(笑)

一昨年だったか、やはり台風直撃で皆自宅待機、但し、ゴミ捨てがあったので私一人出勤してずぶ濡れになったのだった(汗)

あの時は、郵便やさんが持ち込んだ瀕死の仔猫が明け方に死んで、失意の中のずぶ濡れ(泣)

やはり、気圧が何らかの悪さを仕掛けたのだろうと思のだ。

幸い今現在、重篤な子はいないのでその点はホッとしている。

但し、自身が昨夜からジワジワと悪い。

悪いが、午前中小雨の隙をついて買い出しに出かけ、同じような考えを持った人たちでごった返す様に余計疲れてしまった。

この先の長雨で野菜が高騰する前に買っておこうと思ったのだが、それ以上に非常食として皆さん買い込んでいるようだ。

何となくワサワサするものなのだよな、台風って。

まあ、残念ながら子供の頃のワクワク感より、面倒くさい方が先に立ってしまう悲しい大人になってしまったのだが・・・・・・・・

とにもかくにも被害も無く、無事に通り過ぎることを祈るのみである。
posted by kyubu at 16:39| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

再びの無茶ぶり

贈り物でいつもお世話になる小谷酒店さん。

もう〜地元から全国廿浦浦のものから、お酒のラインナップが半端ない。

んで、そこのカリスマ店員であるYさんとフェイスブック友達になってから、せっせと通うようになり・・・・・・

やっとこさお店の人たちに、顔を覚えてもらった昨年あたりから無茶ぶりしている(笑)

別府の宣伝部長である着ぐるみべっぴょん。
ハロウィンイベント最初の年から借り受けているのである。

あるが・・・・・・・・・・・・

昨年はサプライズとして、小谷酒店さんに仕込むと言う暴挙に出た(汗)

あの狭い店内で・・・・・・・・・・・・
酒の瓶が所狭しと置いている中で・・・・・・・・・

可愛いとは言え巨体なべっぴょんが、歩くだけでもうそこら辺を破壊するではないか?????

つう位危険な無茶ぶりだったんですけれど・・・・・・ね。

思いのほか受けが良くて、子供達よりお店の人に大受けしてしまったのである。

しかも、迎えに行くはずが店長のご厚意により配達までしてもらって(大汗)

べっぴょん配達なんて、小谷酒店さんにしたってあり得なあああ〜い!!

それ位、面白くて楽しかったそうなのだ。

なので、今年もまた懲りずに・・・・・・・・・・・・・

お酒を買いに行ったついでに、抜かりなくお願いしたのである。

「また・・・・・・・・・・・・・・・・持って来ていいですかあああああ??????」
posted by kyubu at 16:22| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

無責任な後始末

元近所で猫仲間のMさんが、ハスキーの風チャンの散歩方々やって来た。

Mさんは昔からある、いわゆる長屋と言うか?戦後出来た文化住宅?的な所に住んでいるのだ。

まあそこは向こう三軒両隣なお付き合いで、住人が皆さん助け合って暮らしている。
いるが・・・・・・・・・・・・・

まず、事件その1。
風チャンの本当の飼い主さんが、昨夜救急車で搬送されたらしい(汗)

んでしばらく入院。んで自動的にМさんが面倒を見ることになる。

まあ、そこは体の弱い飼い主さんに代わってМさんが致し方なくやっていたので、その続きと言えばそうなのだ。

そして、事件その2.
隣の夫婦が離婚するのだと。

奥さんは子供2人を連れて出て行き、旦那もいずれそこを出て行くそうだ。

が・・・・・・・・・・しかし・・・・・・・・・・・・
ここで大問題が発生した。

猫が1匹残されてしまうと言うのだ。

そのポツンと残された可哀そうな猫を私に何とかしてもらえないだろうか?

そう言われた瞬間、即座に断った。

そんな無責任な事の後始末を頼まれても困る!!

高齢のMさんが元気な限りはその長屋で面倒を見て、何かあったら私が餌やり等に駆けつけるとは言ったものの・・・・・・・・・・・

可哀そうなのは置き去りにされたその猫と、猫好きで弊社にも遊びに来ていた次女だろう。

親も飼い主も選ぶことは出来ず、一人と一匹の気持ちを考えると何ともやりきれない。

今日の天気の様な、どんよりとした気分になったのは言うまでも無く。
posted by kyubu at 16:42| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする