2017年11月10日

複雑な思い

私が心から愛した白い猫の尾白。

彼女が急逝して5年目の秋を迎え、そう言えば今日が命日だな、とふと思った。

いや・・・・・・多分・・・・・・今日だ、とも。

時間と言うモノはありがたいもので、そう思い直す位あやふやになりつつはある。
あるが・・・・・・・・・

あの時の、痛み、悲しみ、苦しみ、後悔、それらがごちゃ混ぜになった記憶だけは鮮明なのだ。

今日も朝からバタバタして、気が付いたら夕方で、やっとパソコンを開きFacebookを見て息をのんだ。

夏にFacebook友達になったばかりのSさんがNさんと言う方の記事をシェアしていたのである。

「子猫の里親募集」

その写真を見て釘付けになる。

写っている白い子猫は、正に、尾白の小さい頃である。

瞬間、ロックオンされてしまうものの、ああウチは多頭買いだし・・・・・・・・・・・・

もう一匹のサビ柄ちゃんが一人残っても可哀そうだし・・・・・・・・・・・・

何より、会社のアイドル猫と言うその母猫を避妊しないのか?と余計なことばかり気にかかる(汗)

かかるが・・・・・・・・・・・・・・・

ロックオンされたものはどうしようもないので、ひとまず先方にメッセージを送ってみたのだ。

もし、誰も名乗り手がない時は白い猫の里親になりたい、と。

これもまあ縁の問題だし、白い猫は案外と希望者が多かったりする(泣)

なので、期待はせずにいようと思うし、その方がこれ以上ぬこ様達に浸食されないですむだろう。

そんな複雑な思いを抱えながら、取りあえず先方の返事を待っている私なのである。
posted by kyubu at 17:41| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]