2017年11月25日

復活のリスク

Facebookをやりだして凄いなと思うのは、交友が途切れた人から突然便りが来ることだったり・・・・・・・・・・・

遠方で中々会えない友人の近況が分ったり・・・・・・・・・・・・・

まあ、敢えて遠ざかった人と交友が復活してしまうリスクもあるが(汗)

総じて便利な代物だと思うのである。

最近、震災の年からのお付き合いになる福島の味噌醤油屋さんの若旦那が、Facebookを始めた。

仕事と子育てと復興にまい進する日々の中、頑張って時々だけれど記事を上げている。

それによって、今までは商品に添えられた近況報告の短い手紙や、年賀状などでしか分からなかった先方の状況が良く分かる様になった。

そして、コメントすれば返信があり、物凄く距離が縮まった様な気がするのだ。

何という便利な時代なのだろう。

パソコンやスマホのメールも然り。
但し、前述のように交友関係を避けていた方々と、また旧交を暖めねばならなくなる場合もある(汗)

昨夜、大学時代に所属していたワンゲルの先輩から何十年かぶりに連絡があり・・・・・・・・・・・・・・・・・

当時、中心になっていた先輩方が還暦登山をしたい、と。
ついては、同期やら後輩やらに声をかけて、住所録を作成したい、と。

そう言われて内心頭を抱えた。

もう〜今更山登りなんかしたくもないし、今更当時の方々と会って懐かしみたいとも思わない(泣)

私にとっては終わったことなのだ・・・・・・・・・・・・・・・よ(汗)

「この前の同窓会の写真送るね〜!!」

と添付された写真を見てますます思った。

皆さん、何となく面影はあるものの、それはもう見事な年寄りっぷり(大汗)

敬老会じゃないんだから!!!(泣)
posted by kyubu at 17:49| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]