2018年02月16日

巡る時期

再び暮らしの工場いってきさんに行く社長にあれやこれやを託けた。

例えば・・・・・・・・・・・・・

昔CМの撮影用にフェルトの花を作った、その花芯用のレトロな布ボタン。

沖縄で買った紅型の布。

祖母の浴衣をほどいた端切れ。

母が指ぬき入れに使っていた古い缶。

カーテン用の豪華なタッセルなど、など。

いずれもその時その時の想いが詰まったものではある。

あるが・・・・・・・・・・・・・・・

いつかまた何かに使おう、そう思いながらもう何年も過ぎ、いつしかタンスの肥やしとなってしまった。

なのでずっと眠らせたままでいるより、今この時に使ってくれる人の元へお嫁入を決めたのだ。

それに、先日の植え替えで切ったローズマリーと月桃を添えて・・・・・・・・・・・・・・・

この花の無い時期、ローズマリーの青い花は工場を美しく彩るだろう。

月桃の葉はこちらでは珍しいので、まあ魔除けってことで(笑)

結果、ドストライクの貢ぎ物、とコメントがあったので、良かったと思う。

必要とする人へ必要なものが巡る時期なのかもしれない。
posted by kyubu at 18:07| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]