2018年02月20日

思い出と共に

早いもので、疥癬のカイ君が弊社に辿り着いて一年になる。

今では亡きマロの後を継いで、近所のパトロールに余念がないのである。

あるが・・・・・・・・・・・・・・・

逆に言えば去年の今頃はまだマロは生きていた、そう思うとかなり切ない。

そして、夏に入れ替わる様に来たマロ二世とティラミスの兄弟。

去年の今時分はまだ生まれていなかった彼らは、今のところすくすくと成長中????

特にティラミスに限っては、親とおぼしき猫が側にいたけれど、無理やり保護して正解だったと思う。

獣医さんをして「弱っちい」と言わしめた子なので、保護しなければ今頃は生きてはいなかっただろうから(汗)

但し、このティラミス、もしかしたら分離不安を抱えているのかもしれない?

どうやら私を母親と思っているらしく、姿が見えないと部屋中を探して回るのである。

おまけに必ず餌を食べ終わるまで、傍について見ていなければならない(汗)

それでなくても食が細い子で、手術後の検診で体重減少を指摘されたのだから!!!

そして今日も亡くなった子達の思い出と共に、現役ぬこ達のお世話に追われている(大汗)
posted by kyubu at 18:32| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]