2018年08月07日

昆虫祭り

ジジジジジジジジジ〜!!

けたたましい鳴き声は断末魔の叫び(汗)

同時に深いため息をつくワタシ。

獣の誰かが・・・・・・・・・・やりやがった・・・・・・な。

そしてまた今日も、おびただしい数の蝉の死骸が転がる駐車場(大汗)

毎年、毎年、ある意味、夏の風物詩と化す虫たちの、特に蝉の亡骸祭り(汗)(汗)(汗)

い・・・や・・・・亡骸の競演????

まったく・・・・・・・・・蝉にカナブンにトンボにカブトムシ。

春のトカゲフェアが、過ぎたと思ったらこれだもんな(泣)

まだ、コウモリを咥えて来ないだけましか?と思いつつ。

蝉なんて、地中に7年、地上ではたった7日だよ????

そうやって弊社重役(獣役)達を諭すモノの、奴等はどこ吹く風。

あまりの数の散乱ぶりに、終いにはこちらも片づけるのを諦める。

結果、タイヤに踏まれたり、人間が踏んだり・・・・・・・・・・・・・

ボロボロになって行く、哀れな姿が散乱して行くのだ(汗)

今年の猛暑にもめげず、虫たちはその命の限りに鳴いたり、飛んだり。

蝉の声は暑苦しいので嫌いなのだが、少しもののあわれを感じてしまうのである。
posted by kyubu at 18:25| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]