2019年06月07日

墓仕舞い

薄々予想はしていたが・・・・・・・・・・・・・面倒くさい(汗)(汗)(汗)

1、現在墓のある霊園から、埋葬証明書
2、永大供養をお願いするところから、受け入れ証明書
3、市役所から改葬許可書

この3つのうちどれが欠けても、墓仕舞いは出来ない(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)

ってことで、霊園と役所と前後して電話をかけることになり。

まず役所の環境課から色々説明を聞き、申請書がダウンロードできる、と言うのでやってみたのである。


あるが・・・・・・・・・・・

書類を見て、目が点になる(大汗)

死亡者の、本籍・住所・氏名性別・申請者との続柄・死亡年月日・埋葬または火葬年月日

・・・・・・って????死んだ人間なのに?????


ここまで書くんかああああ〜い。


さて・・・・困った、母親は親父と同じなのだが、問題は祖母である。

しかも、母は25年前、祖母に至っては47年前に死んでいるのだ(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)

祖母の本籍地って・・・・・・・・・・果たして別府なのか?????

頭を抱えながら、取り合えず、別府市役所の市民課に行き、除籍謄本をもらう手続きの前に祖母の本籍地があるかどうか?確認。

するってえと・・・・・・・・・・・・・・・何処にもない(大汗)

この時点で発狂しそうになる。

一体、何処だ?????もしかしたら、出戻る前に居た大阪???

仕方がないので、母親の本籍地がある日出の役所迄出かけることにする(泣)

母親の除籍謄本の全部事項証明を貰えば、そこから手繰れるかもしれないからだ(大汗)

わずかな望みをかけて、急遽、日出へと車を走らせる私なのでありました。
posted by kyubu at 17:22| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]