2019年08月24日

亡霊よ去れ!

お母さんが発作(ヒステリー)を起こした時は、家中の刃物を隠しなさい。
そうでないと、一家心中の危険もあるからね・・・・・・・


これは実際、私が10代の頃に、母を診ていた医者から言われた言葉だ。

殺すか?殺されるか?そんな背中合わせの長い年月は、母親の自死で幕を閉じた。

今回の火災、母親は窒息死、息子は焼死、遺書もあることから心中となった。

息子は精神疾患、母親は鬱病だったらしいが・・・・・・・・・

恐らく、あの支配的な母親が、共に死のう、先に私を殺しなさい、と言い含めたのではないかと思う?

人形のように、全く無表情だったあの息子は、命じられるままに事に及んだのかもしれないが・・・・・・・・・・

バカヤロー!!!ふざけんな!!!!!

死にたきゃ二人で車ごと海に飛び込んでしまえ!!

遺書を警察に送り付けるだの、商業施設の駐車場に置いた車に入れるだの!!

自己憐憫の厭世の果ての、劇場型心中も結構だが、火を放つなああああああああああ!!!!

どれだけ近隣に迷惑をかけたと思うのだ???それともこの一帯を火の海にしたかったのか????

ああ、腹が立つ!!

本当に、風が無くて湿度が高かったから良かったのだ。

それでも山手隣のお宅には火が及んだし、真隣のお宅の高校生のお嬢さん達の恐怖は計り知れない。

迷惑なんだよ、本当に。


死を悼むとか、死んだ人間に鞭打つとか、そんな綺麗なたわごとは今回は無しだ!!

私は心底怒っている。

そして、そんな生きた人間のエネルギーの方が、強いのだ。

亡霊よ去れ!!

見るのもうっとおしい焼け跡の家だが、否応でも視界に入るので、その度に睨みつけている。
posted by kyubu at 16:59| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]