2019年08月26日

万能神話とシュールな光景

さて火事騒ぎで話が止まってしまったが・・・・・・・・・・・・

骨壺にバッテン!!と言う超シュールな状態に言葉を失う。

落ち着け自分、と言い聞かせて動揺をひた隠し、とにかくガムテを剥がして、中の様子を確認しなければならないのである。

あるが・・・・・・・・・・・


予想以上に剥がれない(汗)(汗)(汗)

25年近い月日が、粘着力を一層強固なモノにしたのだろうか????

母親の納骨の時、祖母の遺骨は雨水のせいで濡れてカビが生えていた。

なので、それらを防ぐために父親が留めたのだろうけれど・・・・・・・・・・・

なんで???ガムテープやねん???万能神話があの時代はあったのか????

ガムテープ万能神話って、一体どんな時代だったのだろうか?空恐ろしい(大汗)

悪戦苦闘の末、何とか剥がして中身を確認し、持ってきたドラッグストアの買い物袋に入れる。

い・・・・や・・・・素手で持った方が良くないっすか????

会計済みの商品を入れるかの様な、さり気ない私の行為に甥が慌てて声をかけるのだ。

何で????

何か・・・・ビニール袋って・・・・・・・

じゃあ、素手で持って歩いて転けたらどうすんのおおお〜?????

ですよ・・・・ね。

此処(霊園)に散骨して帰る羽目になるじゃん????

あああ・・・・・・・・・・・・・・

さすがにそのやり取りには、霊園事務所のお兄さんも、若ご住職も苦笑いされたことであろう。

なんちゅうアホな家族、と思われたに違いない(笑)

そして、銀色のビニール袋に骨壺を入れて、ぶら下げて帰る。

墓仕舞い、魂抜き後の超・超シュールな光景だったのでございます(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)
posted by kyubu at 17:03| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]