2019年09月05日

避難経路

火災から二週間して、やっと燃えた街燈の普及工事が行われ出した。

いやはやあれ以降、一帯が暗闇に覆われているのである。

あるが・・・・・・・・・・・・・・・

暗い中に浮かび上がる焼け跡も不気味だが、明るく照らされる跡も嫌だな(汗)(汗)(汗)

あまりにも暗くて、防犯上よくないから、早く何とかしてくださいって役所に電話したんですよ。

弊社隣のアパートの2階に住む、おばちゃんが私にそう言うのだ。

さすが、ありがたいと言うか何と言うか、諸々電話したのが私一人ではない、と言うのが心強い。

もし、私が仕事で留守の時だったらと思うと・・・・・・・・・・・

おばちゃん、この間の火災の時は愛猫をケージに入れて、すぐさま規制線の外に避難したのだ、と言う。

そうなのよね・・・・・・・・・・・今回は延焼を免れたけれど、まず重役(獣役)達の安全が第一なんだよ・・・・・ね。

忘れもしない、三年前の熊本地震で会社が水浸しになった時。

棚の上と言う上に避難して、怯えていた今は亡きマロやライオン(泣)

台風に地震に水攻めに火攻めに・・・・・・・・・・・・・・

ありがたくないことに、色んなパターンを経験してしまった(大汗)

そして、その度にニャンズの避難経路考える私なのでありまする。
posted by kyubu at 13:35| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]