2019年09月09日

消去法

ハロウィン実行委員会会議、新実行委員長になって格段にスピーディーになった。

例えば、台風がきたら延期が?中止か?

中止にしましょう!!

べっぴょんは?要りますか?要りませんか?

要らないでしょう!!

と、ま・・・・・・あ・・・・そう言った具合に、決断が速いのである。

あるが・・・・・・・・・・・・・・・

これがオッサンだと・・・・・・・・・・・

せっかくお菓子を買ってくれちょんのやけん、次の日やろうえ!!とか(汗)(汗)

べっぴょん?要るやろ!俺が借りて来るけんいいわ!!とか(汗)(汗)(汗)

特に何故か?オッサンべっぴょんにご執心なので、そこは皆の迷惑考えずに勝手に借りてくるであろうし(大汗)

そりゃね、べっぴょん居た方が子供は喜びますよ、でもね・・・・・・・・・・・

人が足りないんじゃああああああああ!!!

べっぴょんの内臓に1人、アシストに1人で、少ない人数回らないんじゃああああああああ!!!

後は、必要以上にハロウィンの飾りつけをやりたがるとか・・・・

新聞に無料配布されている、レジャー施設の優待券を景品にしてしまうとか・・・・・・エトセトラ・etc.

とにかく、向かう方向、エネルギーを注ぐ対象が、ことごとくずれまくっているのだから(泣)

オッサンの取りこぼしを拾って歩くだけで、おもむろに疲弊していたのだ。

無駄なものは省く、いわゆる消去法で進む今回の委員会。

そう言った意味では、今までと違い、非常にやり易くなっているワタクシ、ハロウィン事務局。
posted by kyubu at 17:14| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]