2019年10月19日

ヘンゼルとグレーテル

何とまあ・・・・17日に投降したつもりで、してなかった(汗)(汗)(汗)(汗)
ってことで、本日はお菓子のお話。

膨大なお菓子の量を前に、今年は委員会配布場所を無くして良かった、と安堵している。

去年でさえ大変だったのに、今年のこのお菓子の量と来たら(汗)(汗)(汗)(汗)


200人分40種類を小分けにして袋詰め・・・・・・・・・って・・・・・良くやったよな、シミジミそう思うのだ。

そんなことを思い出し、遠い目をしつつ。

嬉しい悲鳴を上げつつ、、出来る範囲でチェックをして行くのである。

あるが・・・・・・・・・・・・・・・

ただでさえ狭い倉庫がことさら狭く、小積んだ段ボールに埋もれそうだ(大汗)


26日までは九州舞台総合お菓子問屋、と化すのも例年のことなので致し方ない(笑)


一つ横にずらして、その下を確認して、それをまた横にずらして・・・・・・(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)

おっと!いけねえ!!開けたままにしておく、と弊社重役(獣役)の寝床になってしまうのだからして(泣)

そんなこんなで、ぬことお菓子と格闘すると言う珍しい経験を今年もしている。

しかし、まあ、見ているだけで楽しいのだから、配る大人もそれなりに楽しいに違いない。

ましてや、貰う子供たちにしてみれば、想像に難くない。

お菓子を撒いて帰り道を辿る、ヘンゼルとグレーテルではないが。

その道すがらが、彼らの記憶の片隅に残ることを・・・・・・・・・・

子供時代の楽しい思い出となることを、願わずにいられない。
posted by kyubu at 14:32| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]