2019年10月31日

風船

М田君から見積もりの返事があって、ハロウィンの風船3万円なんだけど、どうかな?????

3万???無理!!無理です!!

ヘリウムガスが高いんだよ・・・・・・ね。

んなこたあ分かってますがな!でも、無理!!

無理かなあ?協賛今回一杯取ったけど・・・・・・

無理です。3万円と言う数字は、事務局としては許可出来ません。

ううう^残念だな。残念だけど・・・・じゃあ断るわ。

・・・・・・・・・・待って!ハロウィンからは出せません!!出せませんけど・・・・・

けど????

会社で出しましょう!協賛、と言うことで!!

えっ?マジで????

JRさんやトキハさんに対しても、良いアピールになるか?と。

やった!!じゃあ頼むよ!!

と・・・・ま・・・・・・あ・・・・こんな感じで、5周年記念の風船プレゼント、となったのである。

あるが・・・・・・・・・・・



結果、大好評でK駅長さんまで、風船を受け取っていたのだが・・・・・・・・・・(笑)

い・・・・や・・・・アナタ・・・・・大人ですやん?????(汗)(汗)(汗)(汗)

それらを見るにつけ、風船と言うのは、大人も子供も笑顔にするツールなのだと再確認する。

しかも、街角で揺れる風船が水先案内の役目も果たし、ユラユラとそれはもう壮観な眺めでもあった。

ってことで、来年はもっと多めに協賛取らなアカンやないかあ〜い????

5周年プレゼントで終わらず、出来ればこのまま風船も続けて行きたい。

密かにそう思う、ワタクシ、ハロウィン事務局。
posted by kyubu at 17:01| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]