2019年11月24日

弔電間違い

供花が無事に飾られた、と従兄弟の兄貴の方からラインが届いた。

都会の式場はみなそうなのかは知らないが、身内のみの式は通夜が無い(汗)(汗)(汗)(汗)

初めて知ったが、まあそれぞれの事情に合わせているのだろう・・・・・・な???


ただ幾ら家族葬とは言え、殺風景なのも如何なものか?と供花を二基送ったのは正解だったと思う。

写真を見る限り、従兄弟の息子2人からのとウチからのとで、何となく格好はついていたのである。

あるが・・・・・・・・・・・・・

長女の送った弔電に間違いがある、とかで差し替えるとNTTから連絡が来たと。

何処が間違ってるか分かりますか?と。

再度送られたラインを見て、首を傾げるワタクシ(大汗)

お悔み兵庫県○○○市○○○
片○○史様
ご訃報に接し、心から哀悼の意を・・・・・・・・・・・

長崎県○○市○○○
出○○子様

一見すると普通の弔電ではないのか?

一体どこが悪いのか?さっぱり分からない(汗)(汗)(汗)(汗)

それよりなにより、弔電の間違いなんて・・・・・・・・・初めて聞いたんです・・・・・けど・・・?????
posted by kyubu at 17:05| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]