2020年01月08日

何と・・・・・・・・・・

昨年、アタリをつけて電話をした高校からまだ求人は大丈夫か?と言う問い合わせがあった。

何でも進学を希望していた生徒が、家庭の事情とやらで断念した、と。

弊社の求人案内に興味を持った、と。

電話の向こうで恐縮しながら話す、就職担当のT先生の姿が浮かぶのである。

あるが・・・・・・・・・・・・・

T先生、こちらが思う以上に慎重だ。

普通なら学校の就職率を上げる為に、是が非でも押し込みたいところだろう。

ただ、前回電話でお話しさせて頂いた時に、弊社の仕事内容を滾々と説明したせいか????

生半可な覚悟では務まらない、と思うのでその辺は生徒に言い聞かせております。

担任を飛び越えて私の所に来たので、明日、担任を交えてもう一度本人の覚悟を聞きたいと思います。

その上でもしよろしければ・・・・・・・・・・・・

恐縮しきりで仰っていた。

ハイ。ハイ。大丈夫ですよ!!

こちらとしても一度面談させて頂ければ、そうお伝えして電話を切ったのだった。

全ては縁だと思うのだ、。

なので、その生徒さんとご縁があれば、弊社と繋がることだろう。

まずはそうであることを祈りたいものである・・・・・・・・・・な。
posted by kyubu at 17:57| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]