2020年01月14日

腑抜けた自分

もう・・・・・6年ですか・・・・・・・・・・・

竹の博物館から移動したGさんは、感慨深げに呟いた。

本日、産業政策課に、マーケットの出店要項を持って行った時の一コマ。

昨年、ハロウィン助成金でスッタモンダして以来の市役所。

そぼ降る雨は冷たいし、寒いし、出かけるのも億劫で一向にテンションが上がらない一日。

それでも連休明けに出店要項を持って行く、そう決めたのでウゴウゴと出かけて行ったのだった。

こう言うお堅いところは本当に苦手だ、と思いつつ。

エレベーターを待つ隣の職員さんの足元に転がっている黒い袋は「べ○○〇ん」だな、と眺めつつ。

新しい担当のSさんを知らないので、おずおずと政策課を訪ねたのだが・・・・・・・


逆にGさんの方が私に気が付いてくれて、内心ほっとしている。

やはり見知った顔が居る、と言うのはホッとするものだ・・・・・・・・・・・な。


そしてGさんの口から6年目、と言う言葉が出て、改めて今までの歳月を振り返るのだけれど。

勢いがあって、必死だった頃の自分は、足しげく役所通いをしていたような(汗)(汗)(汗)(汗)

全く・・・・・・同一人物とは思えない位、腑抜けた自分が今現在いるよな、と頭を抱えているのでありまする。
posted by kyubu at 18:06| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]