2020年03月28日

正義と大儀

とうとうこの街からもコロナ感染者が出た。

一番恐れていたことでもあり、覚悟していたことでもあり・・・・・・・
これで本当に、道路使用許可への道のりが遠ざかってしまうのだろう。

束の間の息継ぎからまた水中に滑り落ちた感じだが、まだ諦めてはいないのである。


あるが・・・・・・・・・・・・

こんな時なのに、マーケットをやるのか?
もし、出店者や参加者から感染者が出たら、どうするのか?

そこまでして、皆出店したいのか?
ギリギリまで引っ張って、中止にするのが一番最悪だ!!


正義に基づく、そんな意見も耳にするし、彼らの言うことは十分に正しい。

だが、「水清ければ、魚住まず」の言葉の通り、正し過ぎて、全てが死滅してしまうだろう。

マーケットをやる事は、大儀と言うには大げさかもしれないが・・・・・・・・・・・・

第一回の時の様に、突き動かされる何かが自分の中にある。

正義を振りかざすのは簡単であり、大儀を貫くのは難しい。

色々な思いがせめぎ合う答えの出ない日々は、確実に人心を蝕んで行くのだろうけれど・・・・・・・・・・
posted by kyubu at 19:00| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]