2020年04月12日

雨の美術館

自粛が叫ばれる中の日曜日。

大分県立美術館に初めて出かけてみた。

リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展

コロナの影響で展示が延び延びになり、やっと公開したものの展示は来週の日曜日まで(汗)(汗)(汗)(汗)

陶磁器、特にヨーロッパのモノが好きな人間としては、行かねばなるまい。

ってことで重い腰を上げ、雨の中出かけて行く。

受付でアルコール消毒の後、入館日時、人数、住所、氏名、連絡先を記入。

その上で、100人毎に入館制限をかけるらしいが、全くもってガラガラ。

おかげで、じっくり、ゆっくり至宝の数々を存分に堪能できたから、それはそれで良しとするしかないのである。

あるが・・・・・・・・・・・・

イベントも、芸術も、有事になる、と一番に必要のない分野になってしまう。

だが、この様な時だからこそ、至福・眼福の一時が生活に潤いを与えてくれるのは間違いない。

美しいは正義!!楽しいも正義!!

いつかまた思い切り、それらを堪能できる日が出来ることを、切に願っている。
posted by kyubu at 18:14| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]