2020年04月30日

ゴール

経営状態を見るに見かねて、渋々会社に入って必死に立て直しを図り・・・・・・・・・・

ギリギリの日々で持ちこたえていた頃に、東日本大震災。

再び厳しい状態から、脱しかけた頃に、熊本大分地震。

三度、奮い立って、やっと軌道に乗せた矢先に、今回のコロナ。

走り続けた10年、少し立ち止まって考え直す時なのかもしれない。

新しいものを受け入れ、満たされるには、一度空にならなければならない。

コップ一杯に注がれた水を、一度捨てなければ新鮮な水は飲めないのだ。

安泰や安寧にしがみついてはならない、と言うことか・・・・・・・・・・

それにしても、また新たに踏み出すことの恐ろしさよ。

人は弱い、なので今いる場所がもう役に立たない、と分かっていてもそこにしがみつく。

一歩踏み出すことの勇気が、恐怖に負けてしまうのだ。

コロナの時代が、一つのゴールだとすれば・・・・・・・・・

この先、人は何処に向かって生きて行くのだろう。

そんな事をツラツラ考えている。
posted by kyubu at 17:00| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]