2020年08月15日

お盆徒然

昔、日出の父親の里の墓参りは一大行事で・・・・・・・・(汗)(汗)(汗)(汗)

まだ道が繋がっていなかった時代、対岸の島にあるお墓に、親族一同うち揃って手漕ぎ船で渡っていた(大汗)
ゆらゆらとクラゲの漂う海を見ながら渡り、うっそうとして昼なお暗い林をくぐり抜けての、墓参りだったと記憶している。

つくづく、昭和だな。

そして、甥は何とか無事に?首の皮一枚で埼玉の技能訓練校に入校が決まった、と連絡が入る。
10月の頭には向こうへ引っ越すとかで、もうすでに、クソ長女が手伝いに来ているらしい。
・・・・・・・って????手伝いって?????


まだ一か月以上もあるし、今はまたコロナで閉鎖になってどうなるか分からない、と言うのに?????
ましてや親父の施設も再びの面会禁止だぞ??????
ではせめて、永大供養先に墓参りにでも行くのか?????

あの女も甥を通してしか、私に連絡をよこさなくなった。
なので、私も甥を経由して、関西のおじの初盆のお供えをしたのかどうか?聞いてみたのである。

あるが・・・・・・・・・

未だだそうです。どうしましょう??????だ・・・・と・・・・・

いい大人が揃いも揃って????そんなことも判断出来ないのかああああああああ〜!!!
分かっちゃいるが、我が身内・・・・・人として・・・・・どうよ????


結局、手伝いを名目に、リゾートに来て、湯布院だ!!買い物だ!!とフラフラするだけなのだ。

まったく・・・・・・・・・・・
このコロナ禍に、腹立たしいことこの上ない、お盆の始まりだった。
posted by kyubu at 10:41| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]