2021年01月30日

お金の問題

運が良いとか、悪いとか、で言うと運は悪い(笑)

ただ、運が強いか?弱いか?で言うと強い方だ、と思っている。

年末、それを裏付けるような、スマッシュヒットを飛ばした案件があった。

実父、御年93歳、今年の9月で94歳(汗)(汗)(汗)(汗)

もう長くないだろう、と慌てて探して施設に入って2年半。

手厚いケアのおかげで、何度か死にかかるも、驚異の復活を遂げ、しぶとく元気に生きている(大汗)

いるが・・・・・


問題は、その施設費用(汗)(汗)(汗)(汗)

当初は年金の範囲で収まるはずが、どっこいどんどん吊り上がって行く(大汗)

しかも、本人100歳まで生きるんじゃね???ってくらいに元気だ。

一体この先、何年生きて、どれくらい費用が膨らんで行くのだろう???

試算しただけで、頭がクラクラする様な金額になる。

老後の介護はお金次第、とはよく言ったもので・・・・・・・

ネットで検索する、と同じように当初の予定をはるかに超える施設費用に、悲鳴を上げる人の記事が目に付く。

やれ嚥下食だの、やれおむつだの、何だかんだで加算されていくシステムなのだ・・・・な。

施設を利用するまでは、知る由もなかったけれど(泣)

現実問題、コロナでこちらの収入が減った今、何とかしなければ、共倒れになる危険さえある。

動かなければ。

そんな危機感から動き出したのは11月、秋の終わりのことだった。
posted by kyubu at 15:13| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]