2021年02月13日

発動

要は……自分次第なのだろう、と思う。

父親に関する全ての事が、もうとにかく面倒くさい。

出来れば、避けて通りたい。

このまま、今の施設に居たっていいじゃないか?

そんな葛藤をひたすら抑え込み、直近で12月3日に面談の約束を取り付けた。


「今の施設でのお父様の状態は、グループホームに適していますね」


当日、いきなりそのように言われ、面食らう(汗)(汗)(汗)(汗)

・・・って?グループホームって???

基本、認知症が入っていても、自力で生活できる人が対象の施設ではないか???

父親では無理だろう、そう思い込んで、除外していた私にとっては正に目から鱗。

考えたら、今の施設に入って、手厚いケアのおかげで随分と活発になった。

おまけに、コロナのせいで面会出来なくなってからは、洗濯も自分でやると聞いた。

収容人数は、9人ユニットで全18名、と言う少人数態勢も理想的だ。

そんなこんなをツラツラ考える私の前に、ここはと言う施設の資料が並べられていく。

そして・・・・

その中の一枚を見た瞬間・・・・・

ここだ!!ここに父親は移る!!

私の中の野生の勘が、いきなり発動し始める。

そこは4月に出来たばかりのグループホームで、自転車でも何とか行ける範囲。

新しいので全体的に明るい良い雰囲気と聞く。

聞くが・・・・・・・

「すでに満床で、現在募集は行っていないそうです」

私の勘とは裏腹な、残念な現実を突きつけられるのだった。
posted by kyubu at 10:59| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]