2021年03月28日

素材を探して

恐らく生地はオーガンジーだろう・・・・

透け感満載の色とりどりの、そして多彩な柄の組み合わせの生地。

それらをパッチワークでつないだ、ももクロの衣装を見て、何故か閃いた。

と言うか、思い出した(汗)(汗)(汗)(汗)

かつて、ももクロの衣装並みに、派手に装飾していたモノがある。

そうだ!!ボイド管があるじゃないか!!!!

ボイド管、いわゆる紙製の筒に、コンクリートを流し込む、建築現場必須アイテム!!

紙なので長さはノコギリで自在に切れるし、色は塗れるし、ラッピングも出来る。

大昔デコレーター(ディスプレイをする人)を生業としていた時に、散々使用した素材なのだ。

そんなボイド管なら、軽いし持ち運びも出来るし、何より街燈にくくれば倒れることはない。

後は、筒の中にオアシスを入れるなりして、花を生け込めばいい。

問題は何処で手に入れるか?

当時は契約していた、建材屋さんから仕入れたものだが・・・・

ネットでも売っているが、何せ送料が馬鹿にならない。

ってことで・・・・・・・・

翌日より、Hマンとか、Nフコとか、Hロセとか、エトセトラ・etc.

ボイド管を巡る旅が、始まったのでございます(大汗)
posted by kyubu at 15:14| Comment(0) | analog-jimuin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]